教育活動家〜いぬかい良成(公式ブログ)

〜30年後の子ども達の未来をDesignする教育活動家「いぬかい良成」〜

雪山登山のはず?

東京と埼玉と山梨の県境に位置する雲取山に行ってきました。
2500m以上の山は寒さのあまり、雪帽子をかぶり始めて、テント泊でのラスト?で2000mクラスの雲取山にいざ出陣!

いつも思いますが、どの山登っても楽な山は無いです。

高低差が今回は1300mと、富士山と同じくらいありました。

因みに富士山は2500m地点から3776mなのでほぼ高低差は一緒です。

昨年キリマンジャロに行った時は流石に6日間の行程で高低差3700mありましたが、大きな山なので急勾配は最後のアタック以外はありませんでした。

日本の山は低い分、急勾配が多いので体力的には結構辛いです。

今回は冬場にしてはとても暖かく(とは言えテントの中でも0℃ですが)、夜空を眺めながら流れ星を5つも見る事が出来ました。

そして翌日アタックの時に、すれ違った外国人の親子との出会いはとても新鮮でした。

山の中では人との出会いも偶にあるのですが、今回はすれ違い一言二言のやり取りのはずでした。

私は頂上に着き〜お茶をし〜そしてテント場に戻り〜片付けをし〜下りましたが、なんと途中でその親子のうちでお父さんに再遭遇!

Hi ! 後15分位だと思うから頑張ってね!

子どもだと思っていた方は居なかったので、親子じゃなかったんだ。と先に進むこと10分位。

やはり親子でした。お父さんのことをしゃがんで待っていた息子さんに遭遇。

お父さん待ってるの?後15分くらいで着くと思うよ。

そしてさらに私は先を行く事約20分。

漸く出発点のパーキングに到着!

帰り支度の準備をしていると、山友達が何やら聞かれていましたが、英語での会話だったのでふと見上げると、先ほど会った親子でした。

バス停はどこ?

解らないから駅まで送っていくよ!

車中40分くらい会話をしながらの出来事でしたが、サプライズな出逢いに感謝!

親子はシンガポールから来ていて、これから何と!京都に戻り〜シンガポールに帰るとの事。

シンガポール国内の幼稚園事情や息子さんの通うオーストラリアの大学のお話、英語の話せない日本人の話などなど様々な会話をしながらの楽しいひと時を過ごさせていただきました。

連絡先も交換しシンガポールにまた1人知人が生まれました。

シンガポールに行こうかな?

山の中での出会いのお話でした☆彡f:id:inukaiyoshinari:20151219223506j:image




広告を非表示にする